ビューティーオープナー たまご化粧水 ココエッグ リンクルローション

MENU

「ビューティーオープナー」と「たまご化粧水 ココエッグ リンクルローション」はどっちがオススメ?

たまご化粧水

加水分解卵殻膜エキスを使った化粧水が2017年12月18日から発売されます。
ネットランドジャパンという会社の商品で商品名は「たまご化粧水 ココエッグ リンクルローション」という名前です。
ビューティーオープナーとの違いは何? そんな疑問をまとめてみました。

成分

無香料、無着色、低刺激性、オイルフリー、界面活性剤フリー、効能評価試験済、パッチ試験済。

 

価格

◯商品情報
商品名  たまご化粧水 「ココエッグリンクルローション」
価格  988円(税込)
内容量  500ml
発売場所  全国のドラッグストアにて

 

☆お問い合わせ先☆
ネットランドジャパン
TEL 03-6872-5384

 

ビューティーオープナー VS たまご化粧水「ココエッグリンクルローション」

比較内容 ビューティーオープナー たまご化粧水
卵殻膜 配合濃度 95% 不明
値段 初回1980円 998円
成分 【全成分】水・BG・ペンチレングリコール・加水分解卵殻膜・ヒアルロン酸Na・スクワラン・カンゾウ根エキス・バラエキス・ローズマリー油・レモングラス油・ニオイテンジクアオイ油・デキストリン・オレイン酸ポリグリセリル-10・クエン酸Na・クエン酸 水、グリセリン、DPG、加水分解卵殻膜、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、グリチルリチン酸2K 、アラントイン、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン
容量 18ml 500ml

 

主に乾燥小じわケアで悩みを持つ方を対象にした商品です。
保湿力に優れていて乾燥小じわを目立たなくさせることが目的。
大容量なので顔だけじゃなく体全体にも使えるのが嬉しいポイント。

 

気になるのは卵殻膜エキスの配合濃度ですね。
値段だけを見ると「たまご化粧水」の方が圧倒的に有利ですが、実際にまだ試していないので違いが気になるところです。

 

ビューティーオープナーで気になるのは容量の割に価格が高いことでした。
1回に3滴ほど使うと1ケ月ほどでなくなってしまうのですが、たまご化粧水で代用できるなら大幅な節約になります。

 

実際に私の周りの30~50歳女性の方の悩みは顔のシワで悩んでいる人が多いです。
でも、どの化粧品を使えば良いのか悩んでいるのに対策をしていない人ばかり。

 

1本1000円以下で購入できるなら気軽に勧めることができるので一回試してみます。

発売元株式会社ネットランドジャパン
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル26階
Tel:03-6872-5384
メール : cocoegg@netlandjapan.com

 

関連記事

ビューティーオープナーの口コミ

 このエントリーをはてなブックマークに追加