ビューティーオープナー シミ

MENU

ビューティーオープナーはシミに効かない?実体験を紹介。

30歳手前から悩みだしたのはシミ。
特に気になっていたシミはレーザー治療で治したけど、鏡を見る度に気になるシミが残っています。
ビューティーオープナーの特徴は卵殻膜エキスでⅢ型コラーゲンの生成をサポートしてくれるので肌の若返りの効果は期待できます。

 

1本目の時から肌の変化は実感できてお肌にハリが出てきたのには驚きました。
朝、洗顔後に保湿をしておけば日中に乾燥が気になることもありません。
毛穴が引き締まったのでメイクのりも良くてツヤも出てきました。

 

でも、シミには効かないと思っています。
今回、ビューティーオープナーがシミに効かないと思う理由を記事にしてみました。

ビューティーオープナーがシミに効かないって本当?

ビューティーオープナーは卵殻膜エキスが95%配合されている美容液です。
でも、卵殻膜エキスが多くてもそもそも美白に期待できる成分ではありません。

 

公式サイトに書かれている卵殻膜の特徴を紹介

  1. Ⅲ型コラーゲン
  2. 透明感
  3. ハリ・ツヤ・弾力
  4. うるおい
  5. 浸透
  6. キメを整える

この6つの特徴を見る限り美白・シミの効果がありそうか分からないですよね。
ビューティーオープナーに配合されている成分を見てもシミに効果があると考えられている成分は配合されていません。

 

シミに効果があると考えられている代表的な成分

  1. ハイドロキノン
  2. アルブチン
  3. トラネキサム酸
  4. ビタミンC誘導体

 

ビューティーオープナーの特徴は保湿成分が豊富なことが特徴ですが、中でも含まれているLシスチンが肌に透明感をもたらす重要な成分で美白ではなく美肌を作るために嬉しい成分が多いのがポイントです。
美肌を作るための成分は含まれていてもそれはシミには効かないということは頭に入れておいた方が良いでしょう。

ビューティーオープナーの保湿成分

ビューティーオープナーは卵殻膜エキスの他にもヒアルロン酸Na、スクワラン、カンゾウ根エキスなどが含まれているので保湿力は期待できます。
でも、成分を見る限り白効果はあまり期待できないというのが正直な感想です。
ビューティーオープナーはシミを薄くしたい人よりもハリやシワで悩んでいる方をサポートするために作られた美容液ですので、シミを第一に考える場合、美白用の化粧水、乳液などを使用した方が良いですね。

ビューティーオープナーの感想<2本目>

ビューティーオープナーを使い始めて2本目になりますが、シミが薄くなることは今のところありません。
肌のハリが出てきて小じわ対策としては有効だという実感は日に日々増しています。
アットコスメの口コミを読んでいるとシミが薄くなっているという人もいましたがビューティーオープナーだけが理由とは限らないので何とも言えません。
保湿が足りていない箇所に使用すると効果を実感している人も多いです。
例えば、デコルテにも使っている人もいます。
化粧水や美容クリームを使う前に保湿をしっかりしておくことで浸透が良くなるので、美白効果のある化粧品を使えば効果がより一層現れたのかもしれません。

ビューティーオープナーがオススメな人

ビューティーオープナーはシミ対策よりも保湿効果を高めたい、化粧水前の美容液を探している人にオススメです。
刺激の強い成分は配合されていないので敏感肌の方でも安心して使えます。
気になる方は顔につける前に腕や手の甲につけて効果を確かめてから顔につければ良いですね。
肌のハリ、小じわ、ほうれい線、ツヤについて良い口コミが多い美容液なので加齢の年齢肌でお悩みの方にビューティーオープナーはオススメです。

関連記事

ビューティーオープナーの口コミ

 このエントリーをはてなブックマークに追加